30周年スペシャルコンテンツ

トップページ > ニュースリリース > 予防医学のアンファー 新TVCM放映開始 ビートたけしさん、真っすぐに、熱く、優しく語る 「ミライを変えろ。」
2017.06.13

予防医学のアンファー 新TVCM放映開始 ビートたけしさん、真っすぐに、熱く、優しく語る 「ミライを変えろ。」

ビートたけしさん出演新TVCM「歩く」篇・「転ぶ」篇 6月14日オンエア開始

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕、以下「アンファー」)は、2017年10月8日(日)に創立30周年を迎えます。それに伴い、ビートたけしさんが出演する新TVCM「歩く」篇・「転ぶ」篇を2017年6月14日(水)から、全国でオンエアを開始します。

30周年の節目となるアンファーは、商品やサービスでお客様のミライをよりポジティブなものに変えていくという決意を「予防医学でミライを変えよう。」という新たな企業メッセージとして発信していくにあたり、新TVCMを放映開始いたします。

今回の新TVCMでは、70年間自分に正直に前を目指し、失敗を恐れずに多くのことに挑戦してきたビートたけしさんを起用。ビートたけしさんの“失敗しても後悔はしない人生”とミライを見据えて行動する予防医学の概念をリンクさせて伝えることで若者たちに予防医学を自分事化してもらいたいという願いが込められています。

今回は2種類の新TVCMを制作。「歩く」篇は常に新しい道を開拓してきたたけしさんが、こちらを真っすぐに見つめながら「ミライを変えろ。」と力強く語りかける内容で、「転ぶ」篇はコメディタッチな演出の中でビートたけしさんが熱く、そして優しく語りかける内容となっています。

たけしさんが、力強く、おもしろく、熱く、そして優しく「ミライを変えろ。」と語りかけるストーリーは必見です。

■「歩く」篇

 

「人間は誰しも年をとる」、「指をくわえて待っているだけでは悲しい」、「1回きりの人生だからしっかりやれよ」など、たくさんの挑戦をしてきたビートたけしさんならではの力強い言葉で“良い年の取り方”について語りかけながら、ビートたけしさんが歩いて向かってくる作品になっています。

 

<撮影エピソード>

たけしさんがカメラに力強く語りかける演技には、総合演出を務めたテリー伊藤さんやスタッフからも感嘆の声が挙がりました。また、撮影の合間には演出内容や撮影手法について、テリー伊藤さんと談笑する場面もあり、現場は終始和やかな雰囲気で進みました。

 

CM撮影とは別にたけしさんにインタビューするお時間を頂くことができました。そこで語られたのは、人生を後悔しないためには「自分に正直に、全力で生きる」ということ。常に笑いのネタが落ちていると考えていたたけしさんは、どこに行くにも必ずメモ用紙を持ち歩いていたそうです。もしそれで仕事が成功したら、ごく一瞬の空いた時間で女性に会っていたとのこと。ただその一瞬も全力で…(笑)

■「転ぶ」篇

「若いころは失敗ばかりの人生だった、生意気だったし、お金はないし、次の日が来るのが嫌だった」と語りながら転び続けるビートたけしさん。しかし人生において後悔だけはしていないと、ご自身の経験を語っている内容になっています。「後悔だけはしちゃだめだよな、そうだろ、な」という台詞の「な」に、人生において今までの経験してきたさまざまなことを思い出しながら語っていただきました。

 

<撮影エピソード>

「面白い転び方、椅子の座り方、扉の開け方をお願いします」という指示に対し、たけしさんはアドリブでたくさんの“転び芸”を披露。何パターンも飛び出るお笑いのレパートリーにスタッフは終始笑いをこらえていました。「もっとこうした方が面白いかな」などとスタッフに意見を求める場面もあり、常に全力で70歳になってもお笑い芸人として戦い続けるたけしさんが印象的でした。

新TVCM概要

◇CMタイトル: 「歩く」篇(15秒/30秒)・ 「転ぶ」篇(15秒/30秒)

◇放送開始日:    2017年6月14日(水)

◇放送地域:       関東・関西

◇Webサイト:    http://www.angfa.jp/

◇出演者:          ビートたけし

◇スタッフリスト

総合演出: テリー伊藤

A・D:秋山具義

演出:町田道雄

D・P:正田真弘

L:HIGASHIX

美術:白石昭浩

スタイリスト:高橋靖子

ヘアメイク:赤澤洋平

Photographer:正田真弘、山西英二

 

◇総合演出を務めたテリー伊藤さんコメント

今回はたけしさんの強さと面白さを表現したいと思っていました。たけしさんにも若いころの悩みや辛いこともあったと思いますが、そういうことを面白おかしく表現できたらと思い制作しました。僕は若いころからずっとたけしさんと仕事をしていましたが、たけしさんのコメディアンな部分を最も表現できた作品になっていると思います。

  • facebook
  • twitter
  • line

Copyright © ANGFA Co.,Ltd. All Rights Reserved.