WORK

仕事を知る

EPISODE.04

SAVE SOAPプロジェクト

ひとつ買えば、
ひとつ届く

SAVE SOAPプロジェクト

30周年を迎えたアンファーにできること。開発途上国で発生している、肺炎・下痢・マラリアといった感染症の問題を少しでも改善するため、また、「予防医学」というアンファーの考えをより多くの国・人に届けるために「SAVE SOAPプロジェクト」を立ち上げました。
ひとつ買えば、ひとつ届く「SAVE SOAPプロジェクト」は、感染症などに悩むカンボジアの衛生環境を改善することを目的に、感染症を予防※1する石けんを届けるプロジェクトです。

※1 洗浄行為による

日本国内のみならず、
世界に向けた「予防医学」

アンファーの考える「予防医学」は、商品やサービスでお客様のミライをよりポジティブなものに変えていくということです。これまで、予防医学に基づいた視点で「美」と「健康」を研究し、医師と共同で「スカルプD」シリーズをはじめとする様々な商品を開発してきました。これまで培ってきた研究・知見を活かし、日本国内のみならず、世界に向けて「予防医学」に基づいた商品を開発し、提供できないかと考え「SAVE SOAPプロジェクト」の実施することに。

子どもたちの"ミライ"へと繋げる

現在、衛生環境の整っていない開発途上国において、肺炎・下痢・マラリアの3つの感染症による、5歳未満児の死亡率は33%※2です。また、カンボジアの感染症による死亡率は25.2%※3です。そこで、アンファーは感染症を"予防"することに注目。天然アロマ成分を含み、100%天然由来の洗浄成分を配合した感染症を予防する※1石けん「スカルプD SAVE SOAP オールインワン石けん」を開発しました。プロジェクト始動に先駆け、実際にカンボジアを訪問。現状を目の当たりにしました。この石けんで、手洗い・全身洗いを通じ、カンボジアの子どもたちに「予防」の大切さを伝え、子どもたちの"ミライ"へと繋げていきたい、そんな強い思いが詰まっています。

※2 出典:UNICEF 2013年
※3 出典:Institute of Health Metrics and Evaluation「Global Burden of Disease Study 2015」

世界初の
石けんで洗って読む絵本
"Washable Book
(ウォッシャブル・ブック)"

SAVE SOAPプロジェクトの一環として、石けんの配布と同時にWashable Book(ウォッシャブル・ブック)をカンボジアの子供たちへ届けています。水が浸透すると、カラーで表現した隠し絵が現れる印刷技術(水透かし印刷)を応用し、「石けんでページを洗うことで物語を楽しむ」体験を提供する世界初の絵本です。カンボジアの子供たちに"手を洗って病気を防ぎ、叶えたいミライへ成長して欲しい。"というメッセージを込めています。水に濡れる前の絵本は現在の子供たちの日常シーン、右ページの汚れた手を石けんできれいに洗い流すと、夢が叶ったミライの姿が現れます。絵本を読みながら、手を洗うことで病気を予防し、ミライを変えられるという事を子供たちが体感し理解してもらいたい。子供たちに石けんを使って手を洗うことで、病気を防ぎ、成長の機会を得られ、ミライを変えられるのだということを伝え、日本のみならず、世界に向けて「予防医学」を広めていきたいと思っています。

PAGE TOP