トップページ > アンファーの研究・開発 > 頭髪専門クリニック限定「頭皮用保湿液」誕生  2018年11月28日(水)取扱い開始
2018.11.28

頭髪専門クリニック限定「頭皮用保湿液」誕生  2018年11月28日(水)取扱い開始

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕)は、乾燥による頭皮の荒れに悩む方のために「頭皮用保湿液」を開発いたしました。2018年11月28日(水)より全国6か所の頭髪専門クリニック限定で取扱いを開始いたします。

頭髪専門クリニック『ウィメンズヘルスクリニック東京』の院長 浜中聡子先生によると、「ご来院される比較的多くの患者様が、乾燥による頭皮の炎症やフケ、頭皮の突っ張り感に悩んでいらっしゃいます。頭皮が乾燥するとバリア機能を失い、薄毛・抜け毛を誘発する可能性があるため、頭皮の保湿を推奨しております。」と、頭皮を保湿することの重要性に着目されています。そこでアンファーは、フケや乾燥にお悩みの方に「頭皮用保湿液」を開発いたしました。

本商品は、勇心酒造株式会社が製造する「ライスパワー®No.11」(コメエキス;保湿成分)を配合した日本初の「頭皮用保湿液」です。単に保湿成分を塗布するだけではなく、健康な皮膚が持つ水分保持機能を維持することができます。ノズルが頭皮へダイレクトに塗布しやすい設計になっており、べたつきも少なく、肌への浸透感を実感いただけます。

本商品を通して、顔や身体同様に、「頭皮も保湿すること」を毎日の習慣に取り入れていただければ幸いです。

商品概要

発売日: 2018年11月28日(水)

商品名: 頭皮用保湿液 (化粧品)                     

販売名: 頭皮用保湿液YS

金額:    3,250円(税抜)/3,510円(税込)

使用方法

乾燥が気になった時にご使用ください。

濡れた髪に使用する場合

タオルドライし、水気を取る。

ノズルの先を頭皮に軽くあて、適量を出し、指の腹でなじませる。

乾いた髪に使用する場合

ノズルの先を頭皮に軽くあて、適量を出し、指の腹でなじませる。

 

【取扱いクリニック】

ウィメンズヘルスクリニック東京

メンズヘルスクリニック東京

AACクリニック名古屋

脇坂クリニック大阪

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪

城西クリニック福岡

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長 浜中先生よりコメント

女性はヘアカラーやパーマなど外的な要因で知らないうちに頭皮を傷つけていることが多いと言えますが、ダメージを受けた頭皮を健康な頭皮に改善することが大切です。当クリニックでは、約15%の方が頭皮のダメージに悩んでおり、保湿することを推奨しています。

 

浜中聡子(はまなかさとこ)

女性ホルモンを中心とするホルモンバランスに着目した女性医療を提供するウィメンズヘルスクリニック東京で、心身ともに健康で充実した毎日を過ごすことができるよう、医療面でのサポートを行っている。懇切丁寧な診療で女性から高い支持を得ている。

 

ウィメンズヘルスクリニック東京 https://www.womenshealth-tokyo.com/

所在地 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

 

【頭皮が乾燥している状態とは】

皮脂分泌の低下に伴い皮膚が乾燥すると、頭皮のバリア機能が損なわれ、角質層の角質細胞が剥離するなどの乱れが生じ、刺激物が頭皮に侵入しやすくなるため、保湿によって角質層を健やかに保つことが推奨されています。

原因:加齢、乾燥した空気、ヘアカラーなど

症状:フケ、頭皮の突っ張り

対処法:頭皮の保湿

  • facebook
  • twitter
  • line

Copyright © ANGFA Co.,Ltd. All Rights Reserved.