スペシャルコンテンツ

トップページ > ニュースリリース > スカルプD ベビー センシティブシャンプー・センシティブボディソープ 商品発表会 “子供”も“ママ”も元気に 子供もママもコロナ禍特有の悩みが “赤ちゃんの肌に関する「悩み」と「対処法」” “女性ホルモンとの向かい方”

#商品・サービス

#キャンペーン

#イベント

更新日|

スカルプD ベビー センシティブシャンプー・センシティブボディソープ 商品発表会 “子供”も“ママ”も元気に 子供もママもコロナ禍特有の悩みが “赤ちゃんの肌に関する「悩み」と「対処法」” “女性ホルモンとの向かい方”

この度、アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:叶屋宏一 以下「アンファー」)は、2021年3月4日(木)にスカルプDベビーシリーズの商品発表会をオンラインにて実施いたしました。

本セミナーでは商品説明に加え、小児科医の工藤先生とモデルで二児の母である武智志穂さんの“赤ちゃんの肌に関する「悩み」と「対処法」”についての対談や、クレアージュ東京 エイジングケアクリニック院長の浜中聡子先生から“女性ホルモンとの向き合い方”もお話し頂きました。

講演レポート

【1】工藤紀子先生、武智志穂氏 対談 ―赤ちゃんの肌に関する「悩み」と「対処法」―
■モデル 武智志穂氏 「気にしすぎないで大丈夫!」


双子でも全然肌質が違って、ケア方法に戸惑うこともありましたが、たしかに違う人間なので当たり前と言われて、とても腑に落ちました。また、沖縄と東京の気候の差で、双子の顔とお腹あたりがとても乾燥してしまい、驚いたこともありましたが、赤ちゃんの肌の特徴を知って、とてもセンシティブであることを理解しました。コロナが流行ってしまい、触れるものや口に入れるものは過度なアルコール消毒…いまのこの状況だと仕方のないことなのですが、子供の成長にとっては、本当はどうなんだろう?と思う時がありましたが、工藤先生のお話を聞いて、少し肩の力が抜けました。たくさん情報が溢れているこんな時代からこそ、ケア方法、洗い方など、同じように悩んでいるママ友やフォロワーさんがたくさんいると思うので、共有しようと思いました。

■小児科医 工藤先生 「すすぎ残しは肌トラブルの原因に!」


赤ちゃんのお肌は大人と違ってかなり繊細です。赤ちゃんのお肌の特徴は「■皮膚が薄く、よだれや接触などの刺激が多い■汗腺密度が濃い■汚れが溜まりやすい■赤ちゃんの時期を除き、皮脂が少ない」などの4つが挙げられます。このポイントを理解しているだけで、赤ちゃんのスキンケアがかなり楽になります。 洗浄剤の選び方は「低刺激性,弱酸性,無香料,無着色,防腐剤無添加」を意識するのが良いでしょう。洗い方のポイントは「泡の力で洗う」ということと「しっかりすすぐ」ことです。慎重になりすぎていると首の後ろや耳の裏など、すすぎ残しになり、肌トラブルの原因になります。耳に入ると中耳炎になるかもしれないと心配される方も多くいらっしゃいますが、耳に水が入ってしまっても出ていきますので、安心してきちんとすすいであげてください。
また、コロナウイルスのことがあり、過度に手洗い・アルコール消毒をしている子が増えていると感じています。石けんを用いた手洗いだけでも十分であること、手を洗ったあとしっかり水分を拭き取ること、場合によっては保湿をする必要があるということを知ってもらいたいです。

【2】クレアージュ東京 エイジングケアクリニック院長 浜中聡子先生 ―女性ホルモンとの向き合い方―
  「正しい知識を持って穏やかに毎日を過ごしましょう」


女性ホルモンは20代後半をピークに分泌量が徐々に下がります。妊娠中は女性ホルモンの分泌量が高め安定化することで肌や髪の調子はよくなりますが、出産を機に大きく低下します。このため髪が一気に抜け落ちる「分娩後脱毛」が起こってしまうのです。そかしそのことを知っている方は約3割程度…急激な変化に大変なストレスを感じてしまう方も少なくありません。分娩後脱毛は個人差が大きいものの、1~1年半くらいをかけゆっくりと回復していきます。とはいえ昨今、仕事と家庭を両立される女性も増え、その復帰時期なども考えると「そんなに待てない」「一刻も早く元に戻したい」と、頭髪治療を希望される方も年々増加しています。ご自身のライフプランに合わせた治療を選択することで、よりしなやかに女性としての人生設計が可能になると思います。

また、産後の体重増加、易疲労感、産後うつ病(意欲欲低下や抑うつ気分、イライラ感など)・・・といった、様々な体調変化・体調不良も起こりやすくなります。これは女性ホルモン量の低下や環境要因が重なることで症状も悪化・遷延化しかねません。ぜひ一人で抱え込んで悩みすぎず、それをどなたかに相談してみることをお勧めします。それは家族、友人、カウンセラー、医師・・・ご自身にあった「駆け込み寺をつくる」ということです。そして何より、お子さんのことでご自身を犠牲にしすぎることなく、食事のバランスを意識して、睡眠は取れる時にとって1日の合計時間を確保し、ちょっとした運動習慣でリフレッシュ、など、できることから気軽にトライしてみて下さい。そしてぜひ自分だけの時間をつくり、こまめにリセットしてみましょう。

【3】アンファー商品開発部 吉田愛 ―スカルプDベビーシリーズ商品説明―
「赤ちゃんにもママ・パパにも寄り添いたい」
アンファーの調査では、子どもを持つ親の約6割が子どもの肌トラブルを経験していることがわかりました。スカルプDベビーシリーズは肌トラブルの原因の1つである「すすぎ残し」と「赤ちゃんの肌の特徴」に着目して開発しました。赤ちゃんの肌をいたわるのはもちろん、ママ・パパの負担も軽減することで、日々のお風呂タイムが笑顔になればと考えました。洗浄成分、泡もち、泡切れ、パッケージすべてにこだわりましたので、多くの方に手に取っていただけると嬉しいです。

 

今後もスカルプDベビーシリーズは「子どもママも元気に!」をテーマに親子に寄り添い、商品や情報を発表して参ります。

 

 

 

楽天スーパーセール開催中

「スカルプDベビーシリーズ」も、お得にご購入いただけるチャンス!

▼開催期間
3/4(木)15:00~3/11(木)9:59
▼セール会場
https://item.rakuten.co.jp/angfa/baby_b_set/

  • facebook
  • twitter
  • line

Copyright © ANGFA Co.,Ltd. All Rights Reserved.