トップページ > ニュースリリース > 予防医学のアンファーが贈る、世界初の「石けんで洗って読む絵本」
2018.01.15

予防医学のアンファーが贈る、世界初の「石けんで洗って読む絵本」

世界初の「石けんで洗って読む絵本」

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山 熊裕 以下「アンファー」)は、「SAVE SOAPプロジェクト」の一環として、世界初の「石けんで洗って読む絵本“Washable Book(ウォッシャブル・ブック)”」を、感染症を予防するための洗浄に使用する石けんの配布と同時にカンボジアの子供たちへ届けます。子供たちに石けんを使って手を洗うことで、病気を防ぎ、成長の機会を得られ、ミライを変えられるのだということを伝え、「予防医学」の普及に尽力してまいります。

<Washable Bookとは>

水が浸透すると、カラーで表現した隠し絵が現れる印刷技術(水透かし印刷)を応用し、「石けんでページを洗うことで物語を楽しむ」体験を提供する世界初の絵本です。カンボジアの子供たちに“手を洗って病気を防ぎ、叶えたいミライへ成長して欲しい。”というメッセージを込めています。水に濡れる前の絵本は現在の子供たちの日常シーンを描いています。右ページの汚れた手を石けんできれいに洗い流すと、夢が叶ったミライの姿が現れます。絵本を読みながら、手を洗うことで病気を予防し、ミライを変えられるという事を子供たちが体感し理解することを目的としています。

 

カラー水透かし印刷:

水に濡れると、白色の特殊インキ部分が透明になり上の絵柄と下の絵柄が重なって見える。

3層構造で オフセット印刷された絵柄の上に水透かしインキを印刷し、さらにその上にオフセット印刷を施している。

【「SAVE SOAPプロジェクト」の概要】

世界では毎日6000人の子供たちが、手洗いなどで予防できる肺炎・下痢・マラリアといった感染症で、ミライを奪われています※1。そのような感染症の問題を少しでも改善するため、また、「予防医学」というアンファーの考えをより多くの国・人に届けるために、2017年10月11日(水)より「SAVE SOAP プロジェクト」を開始いたしました。感染症などに悩むカンボジアの衛生環境を改善することを目的に感染症を予防するための洗浄に使用する石けんを届けるプロジェクトです。※2

※1 UNICEF 2013年

※2 「SAVE SOAPプロジェクト」は、公益社団法人日本フィランソロピー協会と特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会の協力のもと実施します。

 

<プロジェクトへの参加方法>

「SAVE SOAP(石けん)」を、オンラインストアでひとつ購入するごとに、「SAVE SOAP」がひとつカンボジアの子どもたちに届く活動で、どなたでも参加活動できるプロジェクトです。石けん単品での購入か、シャンプーと石けんのセット5種から選べます。

【Washable Bookの概要】

カラー水透かし印刷技術を採用した「石けんで洗って読む絵本」は、カンボジアの子供たちに手洗いの重要性・必要性を石けんと絵本を通じて伝え、子供たちの叶えたいミライを思い描いてもらうために制作した絵本です。

イラストは万国共通である動物、また、日本を感じさせる鳥獣人物戯画を採用しました。絵本には、カエル・うさぎ・猿・鳥・熊が登場し、最後のページには絵本を読んだ子供の顔が鏡に映りこみ、その子供が自分の手を洗う仕掛けになっています。動物たちが遊んでいる様子に加えてカンボジアと日本を融合させた風景も描いています。絵本1ページ1ページが絵巻物のように全てのシーンが繋がるページ構成にもこだわりました。

文字(言葉)ではなく“洗う”という動作を、絵本を読むことにプラスすることで、子供たちが絵本を読みながら手を洗いミライへの想像力を膨らまし、体感することでミライを変えられるという事を理解してもらいます。

 

■絵本の使い方

石けんで右ページに描かれている動物・人間の汚れた手を洗い、水できれいに洗い流します。

水に濡れた絵本にその動物のミライが現れます。

  • facebook
  • twitter
  • line

Copyright © ANGFA Co.,Ltd. All Rights Reserved.