トップページ > アンファー研究所

アンファー研究所とは

予防医学で、健康に、楽しく、私らしく。

日本における平均寿命は年々延び続けていますが、
その平均寿命のうち健康で自立した生活を送ることのできる期間(健康寿命)は
平均寿命の割には延びていません。
WHO(世界保健機関)の発表では、日本の平均寿命は男性79.55歳、女性86.30歳、
平均健康寿命は男性70.42歳、女性73.62歳とされ、要介護や寝たきり状態など、
自立した生活を送ることのできない期間が男性は約9年、
女性は約12年あるということです(2010年厚労省発表)。

平均寿命と健康寿命の差

平均寿命 健康寿命 平均寿命 健康寿命
【資料】
  • 平均寿命(平成22年):厚生労働省「平成22年完全生命表」
  • 健康寿命(平成22年):厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果にかんする研究」
【出典】
  • 厚生科学審議会地域保険健康増進栄養部会・次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会「健康日本21(第二次)の推進に関する参考資料」P25
この要介護や寝たきり状態など、自立した生活を送ることのできない期間をいかに短くして、人生を楽しむ期間を延ばすことが社会的に求められています。
予防医学 予防医学
アンファー研究所では、健康寿命を延ばす方法は“予防医学”にあると考えています。
例えばそれは毎日の生活の土台となる「食事」「睡眠」「運動」を自分自身の年齢や生活習慣にあわせて、バランスよく地道に実践してくことです。
お客様の皆様に早い段階から加齢に伴う身体や心の変化(アンファーではエイジングサインと呼んでいます)に気づいていただき、予防医学の実践とカラダの変化を未然に防ぐことでいつまでも人生を楽しんでほしいと願っています。
アンファー研究所は大学病院や医療機関に所属する皮膚科・形成外科・精神神経科・泌尿器科などの医師とともに様々な分野の抗加齢医学を共同研究し、予防医学の実践を日常の生活の中に取り入れることができる製品やサービスの開発に全精力をあげて取り組んでいます。