動画の目次

動画の目次を開く閉じる

0:01

川和真奈美さん登場

0:15

レノーヴァとは?

2:42

Dクリニック東京PLUS紹介

3:33

レノーヴァについて詳しく解説

5:16

レノーヴァ体験(音声のみ)

7:23

レノーヴァ体験を終えて

※YouTubeページにリンクします

「いつまでも若々しくありたい」と願う男性にとって、ED(勃起不全)は男性にとって大きな悩みといえます。さまざまな調査によれば、EDに悩んでいる日本の男性は、800万人とも1400万人とも言われています。

EDは、ただ勃起ができないという症状だけではありません。元気のない自分のペニスから、男性としての誇りやプライドが傷つくように感じたとしても、不思議ではありません。

そんなEDの治療法は、バイアグラなどの投薬治療が主流ですが、副作用リスクなどで治療を諦めざるを得ない場合もありました。

そんな中、登場したのが「レノーヴァ(RENOVA)」です。レノーヴァは、衝撃波を直接ペニスに当てることで、EDを治療するという画期的なマシンです。

EDに悩む人の大きな注目と期待を集めているレノーヴァの特徴やメリットを、詳しく解説します。

■レノーヴァ(RENOVA)とはどんなED治療機器なのか

ペニスに衝撃波を当ててEDを治療するレノーヴァ

レノーヴァ(RENOVA)は、泌尿器科の分野で先進的な技術を持つ、イスラエルのダイレックス社が開発したED治療専用装置です。

「衝撃波(音速を超えて伝わる圧力の波)が勃起障害の改善に寄与する」という臨床結果を踏まえ、同社が得意とする結石破砕などの衝撃波治療をED治療に応用した、画期的なものです。

レノーヴァは、世界70カ国以上で導入され、10万人以上の治療実績を持っています。

治療に当たっては特に痛みもなく、短時間で行われます。そして、副作用の報告もない、安全で安心な治療方法です。

■レノーヴァはどうしてED治療に有効なのか

レノーヴァのED治療で、生き方も上向きに?

EDにはさまざまな原因がありますが、中でも大きなものは、血管の衰えです。

男性は、性的刺激を受けると、脳から指令が出てペニスの血管を拡張させる物質(cGMP)が増大します。これによりペニスの血管が拡張し、海綿体に血液が流れ込んで勃起が起こります。しかし、加齢や病気などの影響で血管が衰えると、勃起に血液の流れが悪くなり、EDの症状が現れるというわけです。

レノーヴァの先端部分から出される低強度の特殊な衝撃波をペニスに照射すると、陰茎幹や海綿体の全範囲で血管が揺さぶられ、新しい血管の元となる細胞増殖因子が放出されます。これによって新しい血管が生成され、毛細血管が増えるなどして血管が若返ります。

血管が若返ることで、海綿体への血液の流入が促進し、EDの症状を改善します。

レノーヴァによるED治療は、ペニスの血管そのものを生き生きと若返らせることによってEDを改善させるという、画期的な治療法なのです。

■レノーヴァによるED治療のメリット

副作用のないレノーヴァのED治療は彼女も安心

レノーヴァのED治療では、従来のED治療では叶わなかったさまざまなメリットを享受できます。

レノーヴァのED治療のメリット(1)血管性の勃起障害を改善できる

EDの主要な原因とされる、加齢による血管の衰えからもたらされるEDの症状を、血管そのものの若返りと機能改善によって治療します。つまり、EDの根本的な原因の部分から治療を行うということです。

レノーヴァのED治療のメリット(2)EDの治療効率が大幅に向上

治療効果の向上

衝撃波の照射によるED治療は、今まではED1000という治療機械によって行われていました。ED1000の衝撃波発生方法は水中放電方式で、衝撃波集束は1点(13mm)でした。また、衝撃波周波数は、1分間に120発まで当てるものでした。

それに比較して、レノーヴァの衝撃波発生方法は、電磁誘導方式。衝撃波集束は、1点ではなくリニア(直線状)なので、治療部位が広範囲となります。

そして衝撃波周波数は、1分間に実に600発を当てることが可能となっています。
こういった性能の劇的な上昇により、治療効果がED1000に比べて大幅に短縮されました。

治療時間の短縮

レノーヴァでは、ED1000に比べて治療に要する時間も大幅に短縮されています。
ED1000での治療は、治療期間と休止期間を合わせて、2ヵ月半を要しました(計12回の治療)。
それに対してレノーヴァでの治療は、1ヵ月で計4回の治療だけで、治療が完了します。

レノーヴァのED治療のメリット(3)非侵襲性で痛みがなく、麻酔不要

レノーヴァによるED治療は、ペニスにジェルを塗布して、レノーヴァのアプリケーターを当てるだけです。皮膚や身体の開口部に器具を入れるような外科治療は一切ないので、身体的負担は非常に軽いといえます。

また、衝撃波は低強度なので、軽い刺激こそ感じますが、痛みはまったく感じません。そのため、麻酔も必要ありません。

レノーヴァのED治療のメリット(4)副作用の報告なし

レノーヴァのED治療は、衝撃波を外部からペニスに照射することです。
お薬による副作用や、手術による身体的負担の心配がありません。そのため、副作用の報告はありません。

レノーヴァのED治療のメリット(5)ほかの治療法と併用できる

レノーヴァのED治療は、他のED治療と併用できます。
そのため、バイアグラなどのED治療薬、ホルモン補充療法、漢方薬、サプリメントの服用といった、他のED治療を併用することも可能です。

■レノーヴァのED治療の流れ

ED治療の現場で導入が進むレノーヴァ

レノーヴァは、「Dクリニック新宿」や「Dクリニック東京」、「Dクリニック大阪」で治療を受けることができます。

クリニックでのレノーヴァの治療は、おおよそ以下のような流れになっています。

レノーヴァのED治療の流れ(1)受付

検温・消毒を行いクリニックの窓口で受付をし、問診票に記入します。
通常、レノーヴァの治療は予約制となっています。治療を希望される方は、あらかじめクリニックに予約をしてください。

レノーヴァのED治療の流れ(2)問診票の記入

問診票に記載されている質問事項に回答します。勃起に関する質問だけでなく、心と体の状態についても質問があります。

「勃起時の硬さ」など具体的な質問は、硬さをこんにゃくやトマトなどフルーツに例える場合もあります。

問診票を記する所要時間は、約20分程度です。

レノーヴァのED治療の流れ(3)診察

問診票に記入された回答をもとに、医師の診察を受けます。このとき、現在のED症状の確認や、レノーヴァについての説明が医師からなされます。

なお、通常は初診の受診日から治療がスタートしますが、医師の診察にとどめて治療を受けないことも可能です。

レノーヴァのED治療の流れ(4)採血

治療前に採血を行い、男性ホルモンの数値や、健康状態を確認します。
治療が可能な状態であることを確認してから治療に入ります。(※治療前採血や流れはクリニックよって若干異なります)

レノーヴァのED治療の流れ(5)治療

レノーヴァを使った治療を行います。治療は通常、男性の看護師が行うので安心です。
ペニス、陰茎脚(陰茎海綿体が恥骨下枝に付着する部分)にジェルを塗布し、それぞれ左右、計4ヶ所にレノーヴァのアプリケーターを軽く当て、衝撃波を照射します。

治療の所要時間は、1ヶ所あたり5分で、計20分程度です。

レノーヴァの衝撃波は痛くない!

ペニスは器具によって固定され、安定した状態で治療を受けます。実際に治療を受けてみると、「パチパチ」というレノーヴァの作動音が聞こえます。最初は弱い出力から始まり、だんだんと出力は強くなっていきますが、多少叩かれているような刺激を感じるだけで、痛みはまったく感じません。

レノーヴァのED治療の流れ(6)会計・次回以降の治療計画の相談

診察料や検査料、治療料を会計にて精算します。レノーヴァによるED治療は4回で1セットになり、1週間に1回のスパンで治療を受ける必要があります。そのため、次回以降の治療スケジュールを相談の上、決定します。

■まとめ

いかがでしたか?

EDは、男性の前向きな人生を妨げる厄介な症状です。
しかし、レノーヴァを活用すれば、安全にEDを治療できることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

もしEDに悩んでいたり、「もしかしてEDなのでは?」と不安を感じているようなら、症状が深刻化する前に医師に相談し、レノーヴァを使ったED治療を検討することをお勧めします。

小山 太郎

この動画の解説者

Dクリニック新宿 院長

医学博士/日本抗加齢医学会専門医

小山 太郎(こやま たろう)

慶應義塾大学の大学院で骨格筋の再生医療の研究、Brigham and Women's Hospital(Harvard Medical School)で創傷治癒の遺伝子治療の研究に従事。2009年にDクリニック東京(旧 城西クリニック)に入職してからは、10年以上にわたり多くの患者さまの診察を行い、AGA(薄毛)診療実績を積み上げてきた。現在は診療の傍ら毛髪の研究に取り組んでおり、常に最新の知見に基づいた診療を心がけている。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

よくある質問

CLOSE