1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 話題の塩麹でエイジングケア

話題の塩麹でエイジングケア

少し前から「入れるだけで料理が何でもおいしくなる」と評判の塩麹。

実は、その味だけでなく、エイジングケアにも見逃せないスグレモノだったのです。

 

その名の通り、塩麹とは、塩と麹からできている麹のこと。麹の中には、麹菌と呼ばれる菌が含まれていますが、この麹菌には様々な分解酵素が含まれているのだといいます。

例えば、私たちが食べた物を分解して消化する時にもこの分解酵素が使われます。しかし、年と共に分解酵素も体の中で作られる量が減ってきます。

すると、胃腸の働きも弱まり、胃もたれや消化不良、便秘といったエイジングサインがでてきます。

 

そこで、塩麹の出番!! 塩麹に含まれるプロテアーゼという分解酵素が肉等の線維を分解することで、素材を柔らかくする等、塩麹にはタンパク質、脂質、炭水化物を分解する効果があります。つまり、塩麹を調味料として使うと、その料理は胃腸に負担をかけない料理になるため、胃もたれなどを軽減できるのです。

また、発酵食品である麹には乳酸菌も含まれています。塩麹が体内に入ると乳酸菌が腸内環境を整えてくれるため、便通が良くなることも期待できます。

 

これらの健康効果に加え、塩麹を加えることで旨み成分を引き出すペプチターゼという酵素が働き、お料理の味も格段にアップします。

エイジングケアになるだけでも有り難いというのに、入れるだけでお料理自体も美味しくしてしまう万能選手の塩麹ってエライ!!

 

麹・塩・水を使って自家製塩麹を作ることも可能ですが、塩麹ブームにあやかって、瓶詰めになった塩麹がスーパーなどで500~700円程度で購入できます。

美容と健康と料理の腕前アップのためにおすすめの逸品です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE