1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 水と泡のチカラで毛穴の奥まで洗浄する、マイクロバブルのシャワ...

水と泡のチカラで毛穴の奥まで洗浄する、マイクロバブルのシャワーヘッド

気温が一気に上昇する春から夏は、蒸れてベタつき、体臭が気になる季節。さらに、皮脂分泌も盛んになり、大人の毛穴開きも気になります。しかし、年齢を重ねるごとに皮膚の角層は薄くなっていくので、ゴシゴシと強く擦ると肌や頭皮にダメージを起こしがち……。

 

そんなとき、美容師さんたちが注目し、サロンで使い始めていると噂のマイクロバブルのシャワーヘッドを教えてもらいました。製品名は『コスメトリートメントシャワー オーブル』。これを使うと、強く擦らなくても、毛穴の奥の汚れを浮かせて落とすのだそうです。

 


マイクロバブルとは、空気と水から生みだされる直径50㎛(マイクロメートル)前後の非常に小さな泡。通常の泡が1000㎛以上ですから、その小ささがわかりますね。毛穴より小さく微細な泡なので、毛穴の奥の汚れに吸着。さらに、マイクロバブルの表面はマイナスに帯電しているので、ホコリや皮脂などプラスに帯電している汚れを吸着し、取り除いてくれるのです。

2013年4月15日発売で、ヘアサロン等で使用するプロ用の『オーブル フォー プロフェッショナル』は、マイクロバブル発生個数が1ℓあたり約48oo万個。同時発売で一般用の『コスメトリートメントシャワー オーブル』(23,800円/税込)は、マイクロバブル発生個数は1ℓあたり約33oo万個。日常生活で使うには、十分なマイクロバブル発生個数です。早速私も、家のシャワーヘッドをオーブルに取り換え、微細な泡を体験することに。

シャワーのお湯が肌に触れた瞬間、普通の水と違うことに気づきました! すごく柔らかくて、肌になじむような感覚。皮脂でベタつきやすいデコルテや背中など、やや長めにシャワーを当てると、ボディソープで洗う前なのにスッキリ。美容師さん曰く「頭皮の汚れはもちろん、キューティクルも整ってくるので、髪のツヤも取り戻せるよ」と。たしかに、いつもと同じシャンプーやトリートメントを使ったのに、ブロー後はパサつきが減り、しなやかな質感になっていました。

 

さらに面白い使い方は、普通のお湯を張った湯船の中にシャワーヘッドを入れ、マイクロバブルを発生させること。クリアな水が、わずか90秒で白濁してきたのです。スパにあるシルキーバスが、家で体験できるなんて、すごくラグジュアリーですね♪ お湯に浸かると、シルクみたいにやさしく肌を包み込み、体の芯までポカポカで気持ちよく発汗。マイクロバブルの細かい泡が、肌の上で弾け、その振動が肌をマッサージするので、とろけるようなリラックス感もステキです。

また、シャワーヘッド内蔵のコスメカートリッジのスイッチをONにすると、高純度水溶性コラーゲンの入った美容水に早変わり。入浴の最後に美容水シャワーを浴びることで、全身をうるおいコーティング。入浴後20分で、肌の水分量は入浴前の約半分になるといわれています。入浴後“ゼロタイムで保湿する”のは、エイジングケアにとても効果的だといえるでしょう。

 

スパ気分を堪能しながら、ベタつきを解消し、全身をしっとり保つマイクロバブルのシャワーヘッド。家族全員使えるので、男性のテカりや体臭にもオススメです。これがあれば、バスタイムがさらに楽しくなること請け合いですね!

 

MTG コスメトリートメントシャワー オーブル

取材・文/美容ジャーナリスト 藤田麻弥

【プロフィール】
雑誌やWebにて、美容と健康に関する記事を執筆。化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンスのある情報を伝えるため、日本抗加齢医学会や日本香粧品学会を始め、多くの学会やセミナーを聴講。自身もアンチエイジングに関するセミナーの企画・コーディネートを務める。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研パブリッシング)がある。

【最近のハマりもの!】
ストレスが多いと、床についてもリラックスできなくて、寝つきが悪くなりがちですよね。そんなとき私は、お腹をヘコましたり緩めたりする動きをしています。この運動はドクターに伺ったのですが、お腹をヘコませると横隔膜が開くので、腹式呼吸をしているのと同じ状態になり、リラックスの副交感神経にスイッチ。お腹をペコポコ動かすだけで、張りつめていた交感神経が緩み、健やかな眠りへと誘われるのです。

 

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE