1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 【冷え性対策4】「末端までしっかり温める!」簡単ドリンク&レ...

【冷え性対策4】「末端までしっかり温める!」簡単ドリンク&レシピ

1月のテーマ 男も女もこの時期つらい「冷え対策」

 

■【RESERCH】(検証内容)

温かい食べ物は最低条件! 「血行と血液を強化」する食べ物を徹底調査

冷えには、温かい食べ物が効果的、といいます。もちろんそうですが、それだけでは一瞬しか体は温まりません。芯からきちんと温めるには「血めぐりのいい体」にすることです。そのために、血行の元となる血液を作る・補う食材を上手に組み合わせて食べましょう!

 

■【LET’S TRY】(即実践のコツ)

 

実践1 シナモンで毛細血管を強化!

今回おすすめしたいのは、数種類のスパイスがきいたミルクティー、「チャイ」。チャイに含まれるシナモンには毛細血管を拡張して血行をよくする効果があります。

 

実践2 血を作る食材を1日1食は食べよう!

血液を作る栄養素としては、タンパク質、脂質、鉄

加えて、血を作る働きを助けるビタミンB12、葉酸、血管を強くし鉄の吸収も助けるビタミンCなどが必要になります。

 

食材では、魚、肉、卵、豆・豆製品、乳製品、鉄分の多いレバーしじみ、ひじき、パセリが重要です。さらに、鉄分の吸収を上げるビタミンC、血行をよくするビタミンEを含む、緑黄色野菜もお忘れなく!

 

実践3 料理下手でも大丈夫。手間ナシ・冷え解消調理技

[手間ナシ調理技1]パセリを常備してつけ合わせに!

パセリは鉄分もビタミンCも多い理想的な食材。常備して肉や魚のつけ合わせに。苦味が苦手な人は30秒ぐらいフライパンで加熱すると甘味が出ておいしくなります。ビタミンCは低下しますが、鉄分はそのままキープ!

 

[手間ナシ調理技2]しじみの即席お味噌汁を常備

しじみは鉄分と造血作用があるビタミンB12が豊富。でも、わざわざ調理するのが面倒という人は、市販の即席のしじみのお味噌汁を利用。これならコンビニでも購入できますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

[手間ナシ調理技3]小松菜とレバーのあったか和えサラダ

各種ビタミンやミネラルが豊富な小松菜をさっとゆでて、できあいの焼き鳥のレバーを購入し、これをサッと和えて、上から削り節やポン酢をかけます。これなら3分で調理完了! レバーが苦手な方でも、さっぱりしていてオススメです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

他にも冷え対策に関する関連記事があるので、こちらもチェックしてみてください!

 

取材・文/及川夕子

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE