1. からだエイジングTOP / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 目・耳・鼻・口の記事一覧 / 
  4. 視界にごみがチラつく

視界にごみがチラつく

井上 肇

この記事の監修

聖マリアンナ医科大学 特任教授

井上 肇(いのうえ はじめ)

視界にごみがチラつく

1.症状

視界にちらつく不快なヤツ  

明るいところや白いもの、青空を見た時に、視界に虫やごみ、糸くずのような黒い影や斑点が見える。視線を動かしても、影が一緒に移動し動き回り、目をこすっても無くならない。そんな症状がある人は、眼球の硝子体が老化したためにおこる飛蚊症の疑いが。目の老化が進んでいるサインかもしれません。

 

2.原因 

目の老化でゴミが見える?

眼球の中にある硝子体という物質は、本来透明なものです。魚の目玉についているゼラチン状の物質同様、透明なゼリー状の物質なので、普通はその粘性で網膜とくっついた状態になっています。しかし、歳をとるとこの硝子体がにごったり、剥がれたり、傷ついたりして、視界に本来あるはずのない虫やゴミのような浮遊物が見えるようになります。

これは、視線を動かしても、一緒に移動し動き回るように感じられ、目をこすったりまばたきをしても消えることはありません。40代頃から出始め、60代では約30%の人にみられる老化現象です。症状自体は心配する必要はないものです。

 

目の老化でゴミが見える?

 

3.放っておくと…

ゴミの数が増えている?

基本的に飛蚊症は目の機能に影響を与えることはありませんから、放っておいても問題はありません。ただし「網膜剥離」や「網膜裂孔」といった目の疾患の前兆である場合もあり、その場合、症状が進行すると視野が狭くなったり、最悪の場合失明に進展することもあります。黒い影が増えたり、大きくなったり、視野が欠けたりした場合は、すぐに眼科で検査を受けてください。

 

4.対策 

サングラスが必需品

飛蚊症が発症する原因のひとつに、硝子体の細胞に活性酸素が留まり、細胞が傷つくことがあげられます。できるだけ目の老化を遅らせるための自己防衛策は、UVカットです。なるべく紫外線を目の中に入れないよう、外出する時にはUVカット加工をしたサングラスをかけましょう。日傘や帽子なども一緒に使うと目もお肌もUVカットできます。コンタクトをしている人もUVカット機能の付いたレンズを選ぶのがおすすめです。

井上 肇

この記事の監修

井上 肇(いのうえ はじめ)

聖マリアンナ医科大学 特任教授
星薬科大学薬学部卒、同大学院薬学研究科修了。聖マリアンナ医科大学・形成外科学教室内幹細胞再生医学(アンファー寄附)講座 特任教授及び講座代表。幹細胞を用いた再生医療研究、毛髪再生研究、食育からの生活習慣病の予防医学的研究、アンチエイジング研究を展開している。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE