30周年スペシャルコンテンツ

トップページ > CSR活動

CSR活動

CSR活動 CSR活動

プロジェクト概要

予防医学を世界へ

アンファーは30周年を記念し、「予防医学」を日本だけでなく、世界へ届けるために、「CSR活動」を始動いたしました。

世界の人々の健康増進・寄与に役立つことで、社会に貢献することを目指しています。

世界に視野を広げると、5歳未満の子供達の死亡率はとても高く、その3大要因は「肺炎」「下痢」「マラリア」であり、年間590万人の子供たちが命を落としています。
「肺炎」「下痢」「マラリア」の対処法は発展途上国ではまだ十分に普及していません。

出典:公益財団法人 日本ユニセフ協会「世界子供白書2016」

< 世界の5歳未満児の死亡原因 >

世界の5歳未満児の死亡原因

肺炎・下痢・マラリアの3つの原因が全体の40%を占める。

※死亡原因の3分の1に栄養不良が関係している。
出典:WHO 2004年

この現状を知り、アンファーは医師や専門家チームと密接なリレーションで培った、高い技術をもとに「肺炎」「下痢」「マラリア」などの感染症を予防する石鹸の開発を開始いたしました。

感染症の予防と対策に効果的な”洗う”ということに着目した石鹸を開発。この石鹸には虫除け効果のある成分が配合されています。

アンファーは、感染症を予防する石鹸を感染症に悩む”カンボジア王国”へ届け、感染症の予防に努めてまいります。

カンボジア王国について カンボジア王国について

カンボジア王国について

カンボジアで感染症などによる
死亡率は、37.4%
(2012年)

カンボジアでは、細菌・ウイルスによる急性胃腸炎(発熱・下痢)のような日常の衛生活動によって回避できる感染症に加え、マラリア、デング熱、HIV などの感染症も多発してるという現状があります。
出典:在外公館医務官情報(外務省HP)

蚊が媒介するマラリアの感染においては、タイやベトナムとの国境地帯で頻繁にみられ、そのほとんどが熱帯熱マラリアです。特にタイとの国境地帯では薬の効きにくい耐性マラリアが多いと報告されています。
出典:カンボジア医療情報(在カンボジア日本大使館HP)

カンボジア王国について

カンボジア王国について カンボジア王国について

  • facebook
  • twitter
  • line

Copyright © ANGFA Co.,Ltd. All Rights Reserved.