1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 寝返りしやすい“等反発”のマットレスで熟眠感を

寝返りしやすい“等反発”のマットレスで熟眠感を

前回の続きです)
質のいい睡眠。それは、朝起きたときに「よく寝たー!」と熟眠を実感できることでしょう。しかし、睡眠に関する悩みで多いのが、睡眠時間は十分なのに、寝足りなさを感じること。そして、夜中に目覚めてしまう中途覚醒だと『パラマウントベッド睡眠研究所』の木暮貴政(こぐれ・たかまさ)さん(左)と、山品善嗣(やましな・よしつぐ)さん(右)はおっしゃいます。

「夜中に何度も目覚め、睡眠を妨げないためにも、ほんの少しの力で寝返りすることが大切。寝返りとは、マットレスに力を加えて体を動かす行為だからです。寝返りを第一に考えたスマートスリープが開発したのは、“等反発”というテクノロジー。それは、マットレスを、固すぎず、柔らかすぎず、人の体に等しい柔らかさに近づけるというものです」(山品さん)

“等反発”とは聞きなれない言葉ですね。世に広く知れ渡っているのは“低反発”な寝具。体圧を分散するので、寝返りしなくても血流を妨げず、床ずれにならない利点がある製品ですが。

「低反発の寝具は、寝返りできない人が、床ずれしにくいように開発された製品です。しかし、まったく寝返りしなくていいわけではなくて。病院で、たとえば2時間ごとの体位変換だったのが、3~4時間に延ばせるというもの。また、寝返りには熱を逃がす作用が。健康な人が、寝返りの回数が減ってしまうと、マットレスに熱がこもって寝苦しくなり、逆に、夜中目覚めてしまうかもしれません」(木暮さん)

そうだったんですか! では、等反発の寝具とは、どういう構造になっているのでしょう?

「スマートスリープの基本となるマットレスは、3層構造になっています。体に最も近いトップレイヤーは、柔らかく包み込まれるような“スマートスリープ フォーム”を採用。ミドルレイヤーは、体の凹凸に合わせ、形を変えるウレタンフォームを使用しています。ボトムレイヤーは、医療用のマットレスに採用されている固めの素材を使用。体の重みによる沈み込みを防ぎ、全身をしっかりと支えます」(山品さん)

そのマットレスを使用しているのが、こちらの『スマートスリープ ベーシック』(シングル105,000円/税込)。シングルでW97×L195×H15.5㎝、約17㎏です。ショールームなので、私もベッドに体を横たえ、ゴロンゴロンと寝返り体験をしてみました。すると、あまりにスムースな寝返りにビックリ! 私は今まで、どれほどの力を込めて寝返りをしていたのでしょう!?

「次にご紹介するマットレスは、等反発技術に水の流動をプラスしています。基本となる3層構造のマットレスに内蔵されているのが、水を11個の薄いセルで分割した“アクアレイヤー”(ショールームでは、ディスプレイ用にセルを表面に出しています)。水が体の凸部分から凹部分に流れ込むことで、全身をしっかり支える作用が。誰の体でも、どんな寝姿勢でも、マットレスから体に合わせる新発想です」(山品さん)


製品名は『スマートスリープ アクア』(シングル126,000円/税込)。シングルで約W97×L195×H15.5㎝、約17.5㎏です。このアクアは、まさにオーダーメイド“感覚”ですね!

「フル・オーダーメイドのマットレスもご用意しています。こちらは、日本睡眠改善協議会認定の睡眠改善インストラクターが専用の測定器を用い、お客様の身体を測定。横になったとき、体がマットレスにどれだけ沈むのか、腰のそり具合や全身の傾きなどのデータを元に、体の部位に合わせて7分割されたミドルレイヤーの固さをセレクト。寝返りのしやすさはもちろん、お一人おひとりに合った、最高の寝心地をオーダーメイドできるのが特徴です」(山品さん)


試しに、私の体に合わせてミドルレイヤーをセレクトしてもらいました。横向き寝の私は、寝ているときに肩が圧迫されるのが悩み。そこで、肩に当たる部分を柔らかいウレタンフォームにチェンジ。すると、寝姿勢がとてもラクになったのです。あまりの気持ち良さに、取材を忘れてウトウトと……。

オーダーメイドの製品名は『スマートスリープ スタイルポート』(シングル189,000円/税込)。シングルで約W97×L195×H15.5㎝、約17㎏です。1年以内なら、ミドルレイヤーの固さや柔らかさを無料で変えることができるサービスもありがたい!

他にも、2層構造でシングルを約6㎏に軽量化した『スマートスリープ ライト』(シングル63,000円/税込)や、同じく2層構造の『敷きふとん』(シングル63,000円)もありました。ライフスタイルに合わせて、寝返りしやすいマットレスを選べるのがうれしいですね。

夜中目覚めても、寝返りしやすいマットレスなら寝心地もよく、再入眠がスムースに。睡眠時間の少ないビジネスパーソンこそ、睡眠の質にこだわりましょう。それをサポートする寝具選びの参考になさってください。次回は、暑い夏でも快適にスヤスヤ眠れる方法を伝授します。乞うご期待!

取材・文/美容ジャーナリスト 藤田麻弥

【プロフィール】
雑誌やWebにて、美容と健康に関する記事を執筆。化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンスのある情報を伝えるため、日本抗加齢医学会や日本香粧品学会を始め、多くの学会やセミナーを聴講。自身もアンチエイジングに関するセミナーの企画・コーディネートを務める。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研パブリッシング)がある。

【最近のハマりもの!】
薬膳レストラン10ZENの薬膳カレーにハマっています。お店は、品川駅高輪口から徒歩4分ほどに位置する、ニホンドウ漢方ミュージアムに併設。本場スリカンラから取り寄せたスパイスと漢方が絶妙にブレンドされ、味も◎。ランチを食べた日の夕方は、脚のむくみが軽減しているので、デトックス効果が期待できます。漢方ブティックでは、薬剤師さんにいろいろ相談でき、肌年齢や血圧・血流も無料測定できるのでオススメ!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE