AGA・薄毛に関するその悩み、答えが見つかるかも 教えてDクリニック

更新日:2022/12/14

お悩みカテゴリ: M字ハゲ

質問1

前頭部の薄毛を治したいのですが、
いい方法があれば知りたいです。

患者

最近、前頭部の薄毛を治したいのですが、いい方法があれば教えて欲しいです。
前頭部は頭頂部や生え際と並んでAGAが進行しがちな部位です。 今後の進行を最小限に抑えるには5α還元酵素阻害剤(フィナステリド等)を用い、外観の改善を目指すのであればミノキシジルという製剤を加えることがあります。 現在の状態を把握し、治療目標を設定する必要がありますので、興味をお持ちなら受診をお勧めします。

ドクター

質問2

縮毛なのですが、
薄毛治療の効果は期待できますか。

患者

生まれつき縮毛です。前頭部、側頭部の薄毛が進行していますが、特殊な髪質でも効果は期待できますでしょうか?
髪質は個人差が大きく、『AGAに対する治療』ということであれば、もちろん効果は期待できますが、側頭部で薄くなってきている点が気になります。 まれに「先天性乏毛症」として知られる、毛髪の形態異常があり、これらのケースでは治療効果が見込まれないことがあります。 診察時にこれまでにかかられた病気その他の健康障害について、詳細をお聞かせください。

ドクター

質問3

デュプロス0.5mgとミノキシジルタブレット5mgを 毎日1錠ずつ飲んでいますが あまり効果があらわれていません。

患者

2年ほど前からm字の部分が薄くて気になっています。できるだけ早く治療を始めたいと思っています。ちなみにデュプロス0.5mgとミノキシジルタブレット5mgを毎日1錠ずつ飲んでいますがあまり効果があらわれていません。治りますか?
AGA・薄毛治療のアプローチは様々で増毛、植毛、薬剤などが代表的ですが当院では薬剤の治療のみ行っています。それは患者さまの身体的な負担、経済的な負担を総合的に鑑みもっとも良い治療方法だと考えているからです。いろいろと試されたとのことでお悩みも深刻かと思います。最善を尽くして治療にあたりますのでぜひご来院ください。

ドクター

質問4

前髪全体の毛量が減ってきています。改善方法を知りたいです。

患者

薄毛が酷くて悩んでいます。具体的には前髪がかなり薄くなってしまっていて、横に分けても肌が透けてしまっていることです。元々おでこが広いので、生え際が後退しているわけではなく、前髪全体の毛量が減ってきている状態です。以上を参考までに改善法などをよろしくお願いします。
症状からしてAGAが進行している可能性が高いです。薄毛の症状は人により異なりますが、前頭部から進行される方と頭頂部から進行する方もいらしゃいます。 AGAとの診断が得られれば、当院では薬剤による発毛加療を提案しておりますが、AGAの進行部位と進行程度により治療計画が異なります。初診時にともに考えていきましょう。

ドクター

質問5

おでこが広くなってきています。治療したいです。 また、治療に伴って顔の髭など濃くなったりしないでしょうか?

患者

おでこが広くなってます。徐々に薄くなっているのですが、今後髪の毛は生えるのでしょうか?また、治療を行うにあたり、顔の髭など濃くなったりしないのでしょうか?
前頭部の薄毛症状の進行はAGAが原因になることが多いです。生え際の輪郭そのものは一般に発毛効果が得づらい部位の一つとされていますが、進行様式によっては予想以上の成果を得られている症例も多々あります。 仰せの通り、治療法によっては頭髪以外の多毛が生じる場合があります。治療効果の一環として出現する症状ではありますが、ニーズさえ合えば付属施設(Dクリニック東京プラス)にて脱毛外来も実施しておりますので、お声掛け下さい。

ドクター

質問6

前方の生え際が後退しているかチェックする方法を知りたいです。

患者

前方生え際の密度が薄くなってる気がします。髪を洗った時は抜け毛が多いとは思わないのですが、後退しているのかどうかチェックできる方法などあれば教えてほしいです。
AGAは年余を経て太かった毛やそれを育む毛包が矮小化していく現象です。生え際では他の部位よりも進行が急速ですので、額が頭髪のある部分を侵食するように広がるのが特徴です。 しかし頭髪と額との境界線(被髪線)が必ずしも均一に移動するではありません。被髪線が上方に移動中に一部の太い毛包は矮小化しないで額の一部に取り残されていることがあります。したがって一見額と思われる個所に孤立する太い毛が観察されるのであれば、AGAである可能性が高いと考えられます。 中には判断のつかない例も多々あります。迷いがあれば診断を受けられるのが得策でしょう。

ドクター

質問7

頭皮が脂っこく、
生え際がM字に後退しています。 これは男性ホルモンが高いことが原因でしょうか。

患者

頭皮がとても脂っこい感じがしており、生え際がM字に後退してきていると言われます。 毛深くもあり、男性ホルモンが高いのかなとも思っていますが、実際のところ何が原因なのでしょうか。 服薬年数や副作用についても教えて欲しいです。
男性ホルモンそのものが薄毛に与える影響は限られています。体内で男性ホルモンから生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が、主として遺伝的素因を有する方で薄毛を進行させることが分かっています。 DHTの生成を抑制する内服薬がフィナステリドやデュタステリドで、服薬によりAGAの進行を最小限に抑える効果があります。主たる副作用は性機能の低下ですが、近年の研究ではその程度や頻度もごく限られていることが分かっています。 効果があれば、外観を気にかけておられる間は服薬継続が必要です。中断すると体内で再びDHTが生成されるため、残念ながらAGAが再び進行します。

ドクター

質問8

頭頂部とM字部分の薄毛が
気になります。

患者

20代になってから頭頂部とM字部分の薄毛が気になります。元々太めの髪質ですが猫っ毛になっていたのも関係あるのでしょうか。どのようにすれば治るのか、治療における体への影響など教えてください。
その薄毛がAGAの場合、その発症が最初に起きる部位が頭頂部や前方の生え際であり、その範囲が広がるとともに年々毛髪が細ることがAGAの進行を意味するので、仰るような経過をたどる方々が多くみられます。 診断結果がAGAであれば、フィナステリド等の内服により進行を最小限に抑えることが第一目標となります。AGAに対して世界中で20年を超える歴史のある製剤で、主たる副作用は性機能の低下ですが、当初予想されていたよりも発生確率やその程度がごく限られており、安全性は確立されています。

ドクター

その他の質問を見てみる

【サイト監修】

サイト監修 Dクリニック東京 院長 安田 吉宏

安田 吉宏 Dクリニック東京 院長/医学博士/
日本専門医機構認定形成外科領域専門医

香川医科大学医学部卒業。北里大学大学院医療系研究科修了。
北里大学医学部形成外科、同大学救命救急センター助教、東京大学医学部客員研究員を経て現在に至る。
さまざまな頭皮疾患に対する最新治療を常に探究し、丁寧で分かりやすい診療で患者様から信頼されている。

今すぐ、悩みを相談したい?
カウンセリングを受けてみたい?

それなら”Dクリニック”の
ドクターに相談しましょう!

Dクリニックは札幌、東京、新宿、名古屋、大阪、福岡に拠点を置く、薄毛・AGA治療のクリニックです。
皮膚科、形成外科、精神神経科の医師人があなたの主治医としてまた相談できるパートナーとして治療にあたります。治療の開始を悩まれている方には無料のカウンセリングも。詳しくは下記でチェックしよう!

AGA(薄毛)の相談は、
専門の医療機関へ。

AGA・薄毛の
お悩みを検索する

人気のキーワード

カテゴリから
お悩みのタイプを探す

あなたのお悩みのタイプは何でしょうか?
下のカテゴリから近いお悩みを選択して、
他の人が抱えるお悩みと回答を
チェックしてみましょう!