AGA・薄毛に関するその悩み、答えが見つかるかも 教えてDクリニック

更新日:2022/07/08

お悩みカテゴリ: 薄毛 原因

質問1

側頭部の薄毛の原因はAGAと関係ありますか?
治療方法を知りたいです。

患者

側頭部の薄毛の原因はAGAと関係はありますか?治療方法について教えてください。

治療法は現在のAGA進行度を把握し、治療目標を設定する必要がありますので、一度拝見させて頂きたいと思います。

ドクター

質問2

薄毛の原因にタバコの喫煙は
関係していますか?

患者

薄毛の原因にタバコの喫煙は関係していますか?
以前病院で診察を受けたら過度の喫煙は薄毛につながると言われました。
全く吸わないのは辛いので、適切な本数などありましたら教えて欲しいです。

アジア人を対象とした統計調査で、中等~重症のAGAでは喫煙者が多く、喫煙年数や喫煙量に依らなかったとの報告があります。
したがって元来ですと完全禁煙が望ましいですが、少しずつ本数を減らすのも一手ではないかと思われます。禁煙外来を受診なさるのも良いでしょう。

ドクター

質問3

ストレスが数ヶ月続き、
だんだん薄毛が進行しています。

患者

ストレスが数ヶ月続き、だんだん薄毛が進行しています。原因はストレスかと思うのですが、正しいでしょうか?
このまま放っておくのは怖いので早めに受診したいです。

ストレスは薄毛進行の一要因ではありますが、主原因は家系素因と加齢とされています。
火急ではありませんが、早めに対処なさる方が治療の選択肢も豊富ですので受診頂くのが得策と考えます。

ドクター

質問4

薄毛の原因は、睡眠不足や
ストレスによるものでしょうか?

患者

シャンプーの際、抜け毛がかなり多く、精神的にも辛いです。
睡眠不足やストレスもあるので、自分の薄毛の原因はその辺りだと思っていますが、実際はどうなのでしょうか?

睡眠不足やストレスのみが原因で薄毛が急速に進行することはないと思われます(他の生活習慣で薄毛に悪影響をもたらすものは存在します)。
薄毛がAGA(男性型脱毛症)の場合、主たる原因は家系素因で、テストステロン(男性ホルモン)の一部がジヒドロテストステロン(DHT)という物質に置き換わることで進行していきます。
時として休止期脱毛症や円形脱毛症(円形でないこともある)など、AGAではない脱毛症の可能性がありますので、診察を受けられることをお勧めします。

ドクター

質問5

薄毛の原因に
コーヒーは関係がありますか?

患者

コーヒーをよく飲むのですが、薄毛の原因にコーヒーは関係がありますか?
また、薬の副作用について、コーヒーやサプリメントとの飲み合わせは問題ないでしょうか?

コーヒーが薄毛の原因とは考えづらいでしょう。
同時間帯の飲み合わせはあまり考えなくても良いと思われますが、服薬は水かぬるま湯にしましょう。

ドクター

質問6

コーヒーは薄毛に
「効果がある」のか、

薄毛の「原因になる」のか、
どちらが正しいですか?

患者

コーヒーを良く飲むのですが、ネットを見ている薄毛に「効果がある」と書いていたり、「薄毛の原因になる」と書いていたりします。どちらが正しいのでしょうか?

コーヒーは薄毛の原因ではなく、摂取によって薄毛への効果も期待できませんが、抗加齢作用があります。
お好きであれば、過度とならない程度で楽しまれるのが良いでしょう。

ドクター

質問7

男性の薄毛は年齢が原因でしょうか?

患者

男性の薄毛は年齢が原因でしょうか?その他の原因もありましたら教えていただきたいです。

誰しも加齢とともに毛髪量は減少します。人並み以上に薄毛が進行する現象がAGAと考えることができます。
その多くは遺伝性・家族性ですが、生活習慣によっては更に進行が早まるとされています。したがってそれらの是正が多少ともAGAを遅らせる可能性はあると思われます。

ドクター

質問8

頭の片側が薄毛になる原因と
正しい治療方法を教えてください。

患者

頭の片側が薄毛になってしまいました。原因と正しい治療方法がわかれば教えていただきたいです。

AGAの場合、片側だけが薄くなることは考えづらいです。
まったく異なる脱毛症が存在している可能性がありますので、一度外来にお越しください。
経験豊富な医師が正しい診断と合理的な治療に努めています。万一対処困難な疾患の場合には責任をもって他医療機関へ紹介させて頂きますのでご安心ください。

ドクター

質問9

自分の薄毛はどんな原因で
どんなタイプかなど、

詳しく原因を知りたいです。

患者

以前は薄毛で皮膚科を受診しました。漢方や育毛剤を処方されましたが効果はありませんでした。自分の薄毛はどんな原因でどんなタイプかなど、詳しく原因を知りたいです。

恐らく東洋医学の観点からは妥当な処方がなされていたとお察し致しますが、残念ながら結実しないこともあります。
薄毛の治療は適切な診断から始まります。そのためには詳しい問診と局所観察が欠かせません。そこから現在の薄毛の現在地把握と治療目標が見えてくるでしょう。

ドクター

質問10

男性更年期障害ではないかと思うのですが、
仕事のストレスなのか、頭痛、微熱、激しい動悸も続いております。
薄毛の原因にもなるのでしょうか。

患者

男性更年期障害ではないかと思うのですが、仕事のストレスなのか、頭痛、微熱、激しい動悸も続いております。薄毛の原因にもなるのでしょうか。

ご質問ありがとうございます。 仰せの症状からは男性更年期の可能性があります。一度、医療機関を受診なさることをお勧め致します。 また、薄毛に影響するのかという点では、どちらかというと現在の症状と薄毛が並行して存在しており、相互の影響は考えなくても良いでしょう。薄毛の進行は異なる要因によります。当院では、発毛外来のみならず。男性更年期外来も併設しておりますので、あわせてご検討下さい。

ドクター

【サイト監修】

サイト監修 Dクリニック東京 院長 安田 吉宏

安田 吉宏 Dクリニック東京 院長/医学博士/
日本専門医機構認定形成外科領域専門医

香川医科大学医学部卒業。北里大学大学院医療系研究科修了。
北里大学医学部形成外科、同大学救命救急センター助教、東京大学医学部客員研究員を経て現在に至る。
さまざまな頭皮疾患に対する最新治療を常に探究し、丁寧で分かりやすい診療で患者様から信頼されている。

今すぐ、悩みを相談したい?
カウンセリングを受けてみたい?

それなら”Dクリニック”の
ドクターに相談しましょう!

Dクリニックは札幌、東京、新宿、名古屋、大阪、福岡に拠点を置く、薄毛・AGA治療のクリニックです。
皮膚科、形成外科、精神神経科の医師人があなたの主治医としてまた相談できるパートナーとして治療にあたります。治療の開始を悩まれている方には無料のカウンセリングも。詳しくは下記でチェックしよう!

AGA(薄毛)の相談は、
専門の医療機関へ。

AGA・薄毛の
お悩みを検索する

人気のキーワード

カテゴリから
お悩みのタイプを探す

あなたのお悩みのタイプは何でしょうか?
下のカテゴリから近いお悩みを選択して、
他の人が抱えるお悩みと回答を
チェックしてみましょう!