AGA・薄毛に関するその悩み、答えが見つかるかも 教えてDクリニック

更新日:2022/09/15

お悩みカテゴリ: 薄毛 対策

質問1

ストレスが原因で
薄毛が進行しています。

改善策を教えてください。

患者

職場環境の変化によるストレスが原因で薄毛が進行しています。どのようにすれば改善しますでしょうか?

ストレスが薄毛進行にまったく関与していないということはありませんが、主たる原因は家系素因です。
AGAの場合、フィナステリド(またはデュタステリド)という製剤で進行を最小限に食い止める作用があります。そのうえで外観改善を目指す際にはミノキシジルという製剤を使用します。
どのような製剤をどの程度の量で用いるかは個々の症例によって異なります。

ドクター

質問2

薄毛の治療として、
男性ホルモンの抑制や

女性ホルモンの増幅をしてみようと
思いますが、

効果や摂取方法などを
教えてください。

患者

薄毛がなかなか服薬やシャンプーなどでは改善されません。
薄毛の原因に男性ホルモンが関係していると思い、男性ホルモンの抑制や女性ホルモンの増幅をしてみようと思いますが、効果や摂取方法など教えていただきたいです。

男性ホルモンを抑制したり、女性ホルモンを補充しても薄毛に効果が見込めないどころか、様々な弊害が見込まれるので、通常はそのような治療を行いません。
服薬をされているようですが、薄毛の進行は抑制されているのでしょうか。だとすればAGAは進行性ですので、それが薬効かも知れません。
更に外観の改善を目指すのであれば他の治療を追加することがありますが、現状の把握が重要ですので、一度受診をご検討ください。

ドクター

質問3

60歳を過ぎておりますが、
頭頂部の薄毛は治るのでしょうか?

患者

頭頂部が全体的に薄くなっております。年齢も60歳を過ぎておりますが、この薄毛は治るのでしょうか?いい治療もありましたら教えていただきたいです。

よくAGAは進行性と言われます。発毛治療を開始する際に進行して毛穴が縮小するとともに改善能力が制限を受けるものです。
一般に加齢とともにAGAも進行するので、高齢ゆえに治療を躊躇されているケースが多々あるようです。
ところが治療を始めてみると望外に改善した例が少なくありません。
発毛治療では凡そ半年で毛穴の改善能力の80%以上に到達します。効果に疑念をお持ちならば、その半年だけでも続けてみてはいかがでしょうか。その時の改善度が開始前の『青写真』に遠く及ばないようであれば、私たち医師も治療中断に対し敢えて拘束を致しません。

ドクター

質問4

前頭部の薄毛が気になります。
自然に増やすことが出来ないかなぁと思っています。

患者

前頭部の薄毛が気になります。抜毛もひどくてヘアケアのサロンに行ったりしましたが、自然に増やすことが出来ないかなぁと思っています。

『自然に』と仰せの意味がもし何ら医療に依存しないとのことでしたら、実際にAGAの場合には毛髪量の増加は厳しいでしょう。
他方、プロセス不問で『自然に自らの毛を増やす』とのことでしたら、薬剤による治療を検討されてはいかがでしょうか。
副作用が皆無ではありませんが、長期の治療実績を経て安全性は確立されています。自らの毛包が有する『最大限の回復能力』を限度一杯まで引き出すことが最終目標となります。

ドクター

質問5

育毛マッサージや育毛剤を試していました。
が、少しずつ薄毛が進行しているので、正しいケアを教えていただきたいです。

患者

もともと頭皮が硬い、髪が細いということで育毛マッサージや育毛剤を試していました。ケアを続けてはいたのですが、少しずつ薄毛が進行しているので、正しいケアを教えていただきたいです。

結論から申し上げますと、いわゆる自己ケアで薄毛の進行を抑制する方法はありません。確かにAGAになりやすい素因があるのですが、頭皮が硬いことも髪が細いことも素因とは言えません。薄毛に対する確実な対処は医療一択であり、意を決して受診を考えましょう。

ドクター

質問6

最近ストレスが溜まり、頭皮に影響を与えている気がします。
育毛に効果がある食べ物や栄養素などがあれば教えて欲しいです。

患者

最近ストレスが溜まり、頭皮に影響を与えている気がします。
育毛に効果がある食べ物や栄養素などがあれば教えて欲しいです。

毛はケラチンというタンパク質でつくられており、その合成に必要な栄養素が亜鉛ですので、多めに摂取することで多少頭髪にも好影響をもたらすでしょう。
しかし亜鉛のみで薄毛に対応しうるものではありません。では食事が髪に影響しないかというとこれも異なります。
近年様々な研究から、いわゆる成人病の方ほど薄毛が進行しやすい傾向があるが分かっていますので、ありきたりに思われるかもしれませんがバランスの良い食事を心掛けることです。
具体的には1日とは言いませんので、1週間の中で摂取する品目を増やすことから始めましょう。

ドクター

質問7

診察と薬の処方をしていただきたいです。
また、育毛に効果のある食べ物がありましたら教えてください。

患者

薄毛治療を希望しております。人工毛による増毛をしていますが、診察と薬の処方をしていただきたいです。また、育毛に効果のある食べ物がありましたら教えてください。

結毛や編み込み等の増毛をなさっておられる場合でも治療は可能ですのでご安心ください。処方すべき薬剤は診断後に決定しましょう。
健やかな毛を伸長させるために亜鉛を多めに摂取した方がよいとされていますが、極端に偏った食生活でもない限り、亜鉛が不足することもありません。むしろ日常で不足していると心当たりの食材品目を増やすようにしましょう。

ドクター

質問8

髪が元々細く柔らかいです。
ここ数ヶ月薄毛になってきている気がしています。
原因と改善方法を知りたいです。

患者

髪が元々細く柔らかいです。以前は気にならなかったのですが、ここ数ヶ月薄毛になってきている気がしています。原因と改善方法を知りたいです。

AGA発症前の毛の太さとその発症傾向との相関はあまりないように思われます。AGAでは主に遺伝的素因により、頭頂部から額の生え際にかけて進行していきますが、通常その進行は緩徐です。
しかし多くの皆さんは今回のお尋ねの通り、薄さが目立ってきたと気づかれるのは短期間であったとおっしゃいます。
AGAの場合、5α還元酵素阻害剤(フィナステリドやデュタステリド)とミノキシジル製剤を組み合わせの治療が最適かと考えますが、まずは正しい診断をしましょう。

ドクター

質問9

後頭部襟足付近の薄毛を治療したいのですが、治療方法はございますか?

患者

後頭部襟足付近の薄毛を治療したいのですが、治療方法はございますか?昔から前頭部が薄く、4年ほど前から頭頂部の髪の毛が薄くなってきました。他のスキンクリニックにてAGAと言われ、内服薬を飲んでいましたが側頭部、後頭部の襟足付近の薄毛が進行したため現在は飲んでいません。 頭を触ると頭蓋骨が出ているようで、頭皮が薄く血流も悪いと感じています。また、頭皮も脂の量が多く感じます。

他院の内服薬について詳細はわかりませんが、通常ならば、AGAの発毛治療で側頭部、後頭部の襟足付近の薄毛は進行しません。蛇行性脱毛症やびまん性脱毛など自己免疫が関与した脱毛症が起きているのかもしれませんし、発毛治療開始に伴う一時的な脱毛なのかもしれません。申し訳ありませんが、診察をしなければ具体的な治療法の提案は出来ません。

ドクター

【サイト監修】

サイト監修 Dクリニック東京 院長 安田 吉宏

安田 吉宏 Dクリニック東京 院長/医学博士/
日本専門医機構認定形成外科領域専門医

香川医科大学医学部卒業。北里大学大学院医療系研究科修了。
北里大学医学部形成外科、同大学救命救急センター助教、東京大学医学部客員研究員を経て現在に至る。
さまざまな頭皮疾患に対する最新治療を常に探究し、丁寧で分かりやすい診療で患者様から信頼されている。

今すぐ、悩みを相談したい?
カウンセリングを受けてみたい?

それなら”Dクリニック”の
ドクターに相談しましょう!

Dクリニックは札幌、東京、新宿、名古屋、大阪、福岡に拠点を置く、薄毛・AGA治療のクリニックです。
皮膚科、形成外科、精神神経科の医師人があなたの主治医としてまた相談できるパートナーとして治療にあたります。治療の開始を悩まれている方には無料のカウンセリングも。詳しくは下記でチェックしよう!

AGA(薄毛)の相談は、
専門の医療機関へ。

AGA・薄毛の
お悩みを検索する

人気のキーワード

カテゴリから
お悩みのタイプを探す

あなたのお悩みのタイプは何でしょうか?
下のカテゴリから近いお悩みを選択して、
他の人が抱えるお悩みと回答を
チェックしてみましょう!